むくみ 原因

MENU

むくみクリームの効果を活かす使用方法とは

美脚クリームやむくみクリームは、そのさまざまな効果によって
たるみやむくみを解消する効果が実感できるアイテムです。

 

むくみ 画像

 

たしかに、いつかは効果があらわれるかもしれませんが、せっかく
美脚を目指して使い始めたものですから、より早くその効果を実感
してみたいと思いませんか?

 

より効果を実感しやすい使用方法や考えておきたい副作用などを
ご案内させていただきます。

 

 

使用方法

 

回数や使用目安量はそれぞれの商品により違います。
使用を開始される前に方法や使用量を充分に確認してください。

 

商品によってはマッサージを推奨していないものもございます。
使用を開始される前に使用方法を充分に確認してください。

 

むくみ 画像

 

むくみ対策のクリームは塗っただけでも効果はあらわれます。
しかし、より早く効果を実感したいと思ったときに行いたいのが
マッサージです。

 

むくみを解消する時間でもある睡眠前に、マッサージを行うことで
効果を発揮します。

 

 

方法

 

基本:体の先から中心へリンパや血液を流すことを意識しながら
行ってください。

 

注意:マッサージを行う前に水をコップ1杯飲むことで効果が
高まります。

 

むくみ 画像

 

@一番望ましいのはリンパ節がある足裏〜膝〜太ももといった
順番です。

 

A足裏のリンパ節をほぐしたら、そのままふくらはぎを通って
膝裏へいきます。

 

B膝裏にもリンパ節がありますので、足裏のようにほぐしてください。

 

C膝裏から脚の付け根へ向かって、太ももを揉みあげてください。
特に太もものむくみはセルライトになりやすいので丹念に行いましょう。

 

D脚の付け根にあるリンパ節・鼠蹊部をほぐしてください。

 

むくみ 画像

 

 

副作用

 

むくみ対策クリームはそれぞれ配合成分等が異なります。
一概に副作用を説明することが出来ませんが、こちらで案内している
むくみ対策クリームは無添加処方のものです。

 

むくみ 画像

 

天然由来成分を使用している商品などもあり、副作用は心配ありません。
気になる場合は使用前に充分ご確認ください。

 

商品毎の説明書に従っていただければ、特に重篤な問題は起こらないと
思われます。

 

ここでご案内させていただくのは使用可能部位の注意点とアレルギーに
ついてです。
是非参考にしてください。

 

むくみ 画像

 

 

使用できる部位

 

むくみといえば、ふくらはぎや顔を気にされる方が多いようですが、
もし、お手元にあるむくみ対策クリームが脚専用のものだったとして、
そのままお顔をマッサージしてしまった場合、トラブルが絶対に起こらない
かどうかはわかまりません。

 

むくみ 画像

 

お手元のクリームが全身使用可のものなのか、それとも使用できる部位が
決められているものなのか、使用してはいけない部位ないのかなど、
使用前に十分確認してください。

 

 

アレルギー

 

むくみ 画像

 

こちらで案内しているむくみ対策クリームのほとんどが、天然成分を
配合していますので、副作用の心配はございません。

 

これまでにアレルギー既往歴のある方、さまざまな刺激に対してお肌が
敏感な敏感肌の方はお手者と商品の成分を充分ご確認いただき、もし
心配なことがある場合は、かかりつけ医や薬剤師に相談してください。